実践Linux
CentOS5/6.5        CentOS5/6.5 目次へ  TOP(HOME)へ


DHCPサーバー(CentOS 6.5)  2014年9月





●DHCPサーバー
DHCPはBOOTPを拡張したもの。
同様のものとしてすでにdnsmasqがインストールされているが、機能が限られているのでISC DHCPをインストールする。
 # yum install dhcp

/etc/sysconfig/dhcpd
DHCPARGS=eth1  デバイスにeth1を指定。

設定ファイル /etc/dhcp/dhcpd.conf の編集(/usr/share/doc/dhcp-4.1.1/dhcpd.conf.sample がサンプル)
ddns-update-style interim;  この2行はdynamicDNS用の設定
ignore client-updates;
deny bootp;
  BOOTPは使用しない

subnet 192.168.7.0 netmask 255.255.255.0 {
 option routers 192.168.7.1;
  クライアントに渡すデフォルトゲートウェイの指定
 option subnet-mask 255.255.255.0;
 option domain-name-servers 192.168.7.1;
  クライアントに渡すDNSサーバーを指定

 option time-offset -18000;
 range dynamic-bootp 192.168.7.2 192.168.7.49;
  自動割り当て範囲を指定
 default-lease-time 21600;
 max-lease-time 43200;

 # we want the nameserver to appear at a fixed address
 以下はBOOTPクライアント用
 # host ns {
 # next-server marvin.redhat.com;
 # hardware ethernet 12:34:56:78:AB:CD;
 # fixed-address 207.175.42.254;
 # }
}


サーバー側で、割り当て状況を調べるには
  /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases を見る。
クライアント側(Windows)で、割り当て状況を知るには、コマンドプロンプトで
  > ipconfig /all



TOP(HOME)へ

目 次
HOME
 全体のシステム構成&目次


RockyLinux

RockyLinux8.4のインストール

旧サーバーからのデータ移行

ネットワークの設定ほか
ダイレクトルールを使ったfirewallの強化
DNS(BIND)サーバー
DHCPサーバー
FTPサーバー
FTPS(FTP over SSL/TLS)
Webサーバー
  アクセス解析ツールAwstats
Mail(Dovecot&Postfix)サーバー
MariaDB(MySQL)サーバー
SSHサーバー
SSHトンネル
SSH+MariaDB+Exel
Sambaサーバー
openVPNサーバー
VNCサーバー(リモートディスクトップ)

systemdとfirewalldについて


CentOS8
CentOS7
CentOS5〜6

SELinux

Cプログラミング


●その他
クラウド Amazon EC2
Raspberry Piで遊ぶ
印刷機関連開発
 刷版絵柄面積率測定
 Indesign上にPDF自動配置
数独をExcelで解く


●趣味の世界
相対性理論
量子力学
群論
熱力学・統計力学
解析力学
物理でつかう数学
超弦理論(ノート作成中)